対人関係 - どもり・吃音を克服する方法

どもり・吃音克服1

重度の吃音(どもり)で少女時代から社会人になるまで、長いこと悩み続けた女性が、1日9分の簡単トレーニングを35日行い改善できたのです。


その方法とは?

>>続きはこちら

どもり・吃音の方が対人恐怖症になるわけ

どもり・吃音で悩んでいる方が、赤面症でもあるという傾向を見うけられます。

赤面症で困っているという日本人もとても多いのです。


・ひとの目を必要以上に気にし、緊張しやすい方

・シャイな方

・人見知りする方

・あがりやすい方

などが、特に「赤面症」になりやすい傾向のようです。


欧米人などに比べ恥ずかしがり屋が多い日本人ですが、

そのレベルを超えたのが「対人恐怖症」です。


先の、どもり・吃音や赤面症がこの「対人恐怖症」の症状のひとつなんです。

幼い頃受けたトラウマがもとの原因だったりします。


つらい過去の記憶がよみがえり、

上手にしゃべれないと、また馬鹿にされるのでは・・・

笑われないよう、変な話しかたはしないように・・・

などと思い、かえって過度の緊張から、真っ赤な顔になってしまいます。

どもり・吃音の症状と、どこか似ていませんかね。

誰だって、無闇に格好の悪い自分を見せたくないものです。

だから、どもり・吃音で悩む方が、

赤面症になりやすいというのは、こんなことにあるのです。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。