子供と吃音 - どもり・吃音を克服する方法

どもり・吃音克服1

重度の吃音(どもり)で少女時代から社会人になるまで、長いこと悩み続けた女性が、1日9分の簡単トレーニングを35日行い改善できたのです。


その方法とは?

>>続きはこちら

吃音の子供

吃音は、大人にも多くみられる症状です。

比較的、幼い頃に発症していることが、ほとんどのようです。

子供も男の子に吃音症を抱える子が多く、

女の子の約3倍とも言われます。

ほとんど10代前後で治まるので、幼少期のどもりは、

それほど心配する必要はないかもしれません。

小学生以降になっても治まらない「慢性的吃音症」になる子供の場合、

自然に改善されていくことは少ないので、対策をとったほうがいいでしょう。

「不安」が、どもりを悪化させるのに大きく影響しています。


子供は無邪気な反面、残酷でもあります。

他人がクセのある話し方をすると、馬鹿にしたりします。

こうして受けた屈辱は、後の成長に大きく関係します。

自分自身の吃音を嫌悪する事により、会話を極端に拒んで無口になったりします。

また、不登校に陥る可能性や、うつ状態になることも考えられます。

自分のコンプレックスから悲観的になる傾向があり、社会へ出ても、

マイナス思考に陥りやすい大人になってしまうことも懸念されます。

家族の不安は、子供に簡単に伝わります。

否定や威圧も、悪化の原因にしかならないので、絶対に避けてください。

色々なことが重なり悪循環を生みだすことが多々あります。

まずは親がゆとりを持って接し、

プレッシャーから解放してあげる事がなにより大切です。

外でつらい事があっても、家に帰れば最高の理解者がいることほど安心はありません。

専門機関での治療や、家族の理解で子供を守ってあげてください。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。