吃音だから就職できないか? - どもり・吃音を克服する方法

どもり・吃音克服1

重度の吃音(どもり)で少女時代から社会人になるまで、長いこと悩み続けた女性が、1日9分の簡単トレーニングを35日行い改善できたのです。


その方法とは?

>>続きはこちら

吃音だから就職できないか?

どもってしまう方は、就職活動には不安があるようです。

ペーパーテストは良いでしょうが、吃音だから面接選考は、
焦ってうまく言えなくなるではないかと考えてしまいます。

自分の子が吃音症だと、将来、就職する際のことを考えると心配になります。

結果から言えば、吃音だけが原因で採用されないということは、
まずないと言えるでしょう。

原因があるとすれば、どもってしまったらどうしよう、と不安になることで、
思うように意思を相手に伝えられないことですよね。

緊張してしまい、自分をアピールできなくなることは、誰にでも起こることです。

特に最近は、景気が悪くて、学校はでても、就職できない方が増えています。

たしかに、厳しい時代ですが、吃音のせいにせず、
前向きに取り組む事だといえるでしょう。

有名人だって「どもり」で悩んだ方は多くいます。

たとえば、タイガーウッズや内藤大助釈由美子や川田亜子
南明菜や平野レミといった人です。

他にも、フリーアナウンサーでタレントの
小倉智昭さんのこと知っていますよね。

幼い頃から吃音症に悩まされ続け、それを克服するために、
あえて喋る事を仕事とする道を志した
というエピソードを何度か話すのを聞きました。

そのように、吃音のある方の中には、会話が多く必要とされる
職業を克服するために選ぶ方もいるのです。

面接なら自分から先にどもること公表し、恥と捉えずに、
必死で自己アピールする方法もとれます。


相手に伝えることで、わかって対応してくれますから、
精神的にもとても楽になります。

そういった方は、自分を卑下することなく、
毎日、トレーニングに励み、克服できるよう努力していることでしょう。

そういった姿勢は、何らかの形で表にもあらわれますから、
面接でも印象が良いことでしょう。

幼いときから、つらい経験をした方には容易なことでは
ないかもしれませんが、卑屈にならないで前向きに取り組んでみてください。



ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。