滑舌の悩み - どもり・吃音を克服する方法

どもり・吃音克服1

重度の吃音(どもり)で少女時代から社会人になるまで、長いこと悩み続けた女性が、1日9分の簡単トレーニングを35日行い改善できたのです。


その方法とは?

>>続きはこちら

滑舌の悩み

滑舌が悪くて悩んでいる方って意外といるんです。

早口になったり、何度も噛んだり。

また、言葉が出てくるまでに時間が掛かかり、

いつも「えー」や「あー」と言わないとはじまりません。

その人の「癖」なので、個性だと受け止めてしまえばいいのですが、

気にしてる本人からすれば、恥ずかしい嫌なものなんですね。

方言についてテレビで地方出身者にインタビューしていましたが、

東京に出てきて、故郷の方言で恥ずかしい思いをした方が多いようです。

学校なり職場で、方言が出てしまい笑われたとかで

それ以来、しばらく家から出られなくなったと言っていました。

方言を個性があって可愛いって思う人もいれば、

矯正したいほど恥ずかしいと感じる方もいます。

価値観は、人それぞれです。

滑舌を改善するには、発音練習が比較的よく効果がでるようです。

練習法の1つに、舞台役者さんがよく使う歌での発声があります。


あめんぼあかいなあいうえお

かきのきくりのきかきくけこ

ささげにすをかけさしすせそ

たちましょらっぱでたちつてと

なめくじのろのろなにぬねの

はとぽっぽほろほろはひふへほ

まいまいねじまきまみむめも

やきぐりゆでぐりやいゆえよ

らいちょうさむかろらりるれろ

わいわいわっしょいわいうえを



口の開け方や、発声の速度に注意しながらやると効果的です。




ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。