最近の吃音治療法 - どもり・吃音を克服する方法

どもり・吃音克服1

重度の吃音(どもり)で少女時代から社会人になるまで、長いこと悩み続けた女性が、1日9分の簡単トレーニングを35日行い改善できたのです。


その方法とは?

>>続きはこちら

最近の吃音治療法

吃音をあなたは、どんなとらえ方をいていますかね。

たぶん、緊張からくる「癖」というような認識が強いではありませんか。

ほんとうは病気なのに軽視されがちなので、
当人はつらい思いを抱えているのではないかと思います。

現状、病気治療を行なう専門的な医師や、
言語聴覚士がいる病院がとても少ないです。

どもりで悩む方が、治療したくとも、
どうすればいいのかさえ解らない、といったことも少なくないでしょう。

吃音専門の研究者が、あまりに少ないので、
有効な治療法や原因究明がすすんでいません。

しかし、海外では研究により様々な事例が発表されているのです。

例えば、わが国では、今でもよく使われる
発音療法」や「呼吸療法」なども、
これのみに重点的に行うのは、時代遅れといわれ始めています。

様々なタイプの吃音の原因あることから、
万人に有効な治療法というのは、
存在しないという研究結果がでてきたからです。

この事から、吃音症の患者1人ひとりの症状に合わせて
治療する必要があるといわれています。

またこのやり方も、単一療法のみでは意味がありませんよね。

症状に応じた色々な療法をセットで行い、
統合的なアプローチが試みられるようになっています。

脳科学的な研究成果は、まだこの中に取り組まれていません。
これが有効ではないという結論は出ていません。

こういった方面の研究事例が、日本でも浸透し、積極的に取り入れられる
にはまだ時間が必要かもしれません。

少しでも早く反映されれば、吃音症で悩む方がぐっと減ることでしょう。


ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。