誤っていた吃音治療法 - どもり・吃音を克服する方法

どもり・吃音克服1

重度の吃音(どもり)で少女時代から社会人になるまで、長いこと悩み続けた女性が、1日9分の簡単トレーニングを35日行い改善できたのです。


その方法とは?

>>続きはこちら

誤っていた吃音治療法

吃音」や「どもり」というのは、別に生死に係る物ではありません。

しかし、子供のころから、遊び仲間や同級生にいましたが、
本人にとってかなりコンプレックスがあるものだ、と感じていました。

勉強やスポーツが得意でも、とっさの受け答えに困っている姿をみると
本人はかなりつらく感じていたのでしょうね。

「どもり」から話す事を避けたり、人と会うのを嫌うようになったり、
生きている事さえつらく感じるほどに、
なったことがないものには想像がつかないくらい深刻な悩みです。

わが国では以前から吃音の原因を、医学的にも一般的にも
心因性」であると、広く偏った捉え方をされてきました。

その為、吃音症を抱える方に向かってこんな言い方をしませんか?

・あせらず、落ち着いて話しましょう

・緊張しないで話しましょう


こんな言い方を、軽い気持ちでしていませんかね。

ついつい、どもった話し方や焦った表情をを真似してみたりして
からかった経験のある人もいるはずです。

吃音の原因のすべてが、心因性の物でなく、
右脳の機能が不全である場合など、
いろいろな理由がある病気なのです。

しかし、昔は緊張や不安から、どもるとされ、
心理療法が最適なものとされていました。

そのことから、逆になかなか治らない病気だ、とみられてきました。

実際のところ、焦りから「どもり」が生まれるのではなく、
どもってしまった状態に焦っているだけなのです。

今では、心理療法だけでなく、様々な角度から研究が進んでいて、
治療法や矯正法ともに有効な物がたくさんあります。

もし、あなたや家族の方が悩んでいるなら、
1度お近くの「言語聴覚士」などに相談してみてください。


ここは記事下のフリースペースです
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。